最近の記事

今年初めての…

令和5年初めてのてっぺん休憩です。

今年初めての…2023年01月09日【419】

2023(令和5)年 明けましておめでとうございます。

2023(令和5)年、あけましておめでとうございます。
本年も覺照寺Websiteをよろしくお願い申し上げます。

覺照寺では、元旦の朝8時より、新年の最初のお勤め・修正会を勤めしました。35家庭約70名のご参拝でした。

修正会では、阿弥陀如来の尊前で「正信念仏偈」のお勤めをし、続いて住職が新年のご法話を勤めました。

本来であれば、その後仏さまにお供えしたお酒で御流盃を行うのですが、今年も新型コロナ感染防止のためできません。そこで、今年はご自宅で御流盃を行っていただくため、お持ち帰りセットを準備しました。

覺照寺では、毎年一枚一枚、住職が書き記した盃で御流盃を行っているのですが、今年の文字はお正信偈を一文字ずつ書き始めて49年目。今年の文字は「建立無上殊勝願」の「願」です。

阿弥陀如来が、仏になる前の法蔵菩薩であるときに、いのちあるものが漏れることなく等しく救われる、この上もないことに優れたる願を立てられた事を示す文字です。
この盃と、お酒、お年賀として和三盆菓子をお持ち帰りいただきました。

今年一年が、皆さま一人ひとりにとってこころ豊かな年となりますように、お念仏とともに過ごして参りましょう。

2023(令和5)年 明けましておめでとうございます。2023年01月08日【418】

報恩講法要をお勤めしました。

12月10日(土)~11日(日)は、宗祖親鸞聖人の報恩講法要をお勤めしました。
新型コロナウイルスの感染対策をとり、3座お勤めしました。
ご講師は、熊本県光徳寺住職で本願寺布教使の徳永 寛先生で、お念仏のみ教えをわかりやすくお取り次ぎいただきました。
また、報恩講に先立って12月8日(木)には、「女性の会」の皆さんに、報恩の日として本堂の一斉清掃をしていただき、仏教壮年会の皆さんには、仏旗でお寺や境内、岩川の町をお飾りしていただきました。
皆さまのおかげで、今年もご法要をお勤めできたことをまことに有り難く、心より感謝申し上げます。
令和4年もあと半月で終わります。年が明けたら令和5年元旦の8時より、一年最初のご法要・修正会を勤めます。皆さまお誘い合わせの上、お参りください。

報恩講法要をお勤めしました。2022年12月13日【417】

1  |  2  |  3  |  4  |  5    »    [43]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事